快晴茶の特徴

世界が認めた茶師を
唸らせた快晴茶

世界が認めた茶師を唸らせた快晴茶​

開成町のあじさいに囲まれた茶畑で育った茶葉は「さえみどり」という高品種を中心に栽培されています。霜などの寒さに弱く栽培が難しいため、全国でも流通量が少ない品種となっております。一度飲んでいただければ美味しさに魅了されるはずです。ペットボトルのお茶の味に慣れてしまった皆さまもこの機会に「快晴茶」をぜひご賞味下さい。

enjoy tea time

快晴茶の楽しみ方

まずはお茶をお楽しみください

茶葉の量は一人当たり約 3g 程度(ティースプーン 1 杯分)が目安です。 煎茶の場合は約 70°Cが適温です。
1~2 分待ったら急須を少し揺らしながら ゆっくりと茶碗に注ぎましょう。

Arranged recipe

アレンジレシピ

茶殻のポン酢和え

残ったお茶殻をそのまま捨ててしまうのはもったいない!適量のポン酢を和えるだけで絶品おかずの完成です。
味付けはポン酢に限らずお好みの味を探してみてください。

快晴茶フェイスパック

小麦粉と茶葉を混ぜ、少しずつ水を加えながら、だまにならないように硬くなるまで混ぜます。
肌に塗布後5〜10分ほど待ち、洗い流しましょう。

疲労回復!快晴浴♩

茶殻をお茶パックやガーゼ袋などに入れてお風呂のお湯につけてください。新しい茶葉を使う場合は、スプーン大さじ2~3杯程度入れるのがおすすめです。お茶の香りはリラックス効果が大いに期待出来ますので、疲れている時にオススメです。